長年セオリーだと思われていた指導内容が、定量的な分析を実施することで、実は間違っていたことが判明する、というケースは往々にしてあります。 「医師へのヒアリングが大事」、だからこそ医師にたくさん話させよう、そんな指導を実施していませんか? 今回は業界内の様々なMRを分析し続けて見えてきた「医師とMRの適切なトーク量の割合」について、初公開データを交えながらお伝えいたします。また、『COG-MR』の分析項目も詳細にご紹介。さらに、「もっと聞きたい」というお声を多くいただいた「導入事例」「ご利用イメージ」についての情報もご提供いたします。
長引くコロナの影響で商談がオンライン […]
新年度が始まりましたね。オンラインが […]
昨春以来、もはや当たり前の選択肢とな […]
個々の成績に差が見え始める9月。最初 […]
  コロナの影響でビジネス […]