徳島を元気にする事業プランコンテスト「とくしま創生アワード2021」の最終審査会・表彰式が1月18日(火)に開催され、弊社代表の河野がサポーター(審査員)として参加。書類審査を通過した9組が事業にかける思いを熱くプレゼンし、河野からコメントやアドバイスのほか、学生賞の授与もさせていただきました。
2月4日(金)、船井総研の住宅支援コンサル担当西村氏と、コグニティの住宅業界に特化したAI解析「COG−HOME」開発者堀尾による協同Webinar「経営者必見!!人を育てられる住宅会社になるための営業幹部育成法」を開催します。今回は特別ゲストに幹建設の宮内潤氏をお呼びしています。
コグニティは”コミュニケーション分析”を強みとしており、これまでに240社を超える多くの企業様に導入いただきました。 これまでのウェビナーでは「業界別・用途別」に特化したサービスについてご紹介してきましたが、 今回のウェビナーでは、コグニティのコミュニケーション分析を協業のかたちでご活用いただいている事例をご紹介いたします。
企業向けIT分野を中心に、IT業界の動向と業界を支える人物にフォーカスしたメディア『週刊BCN』1月3日号に、代表・河野が掲載されました。
ご好評いただいている不動産業界向けの「COGWebinar」、新年第1弾、1月18日(火)に「第41回COGWebinar」開催いたします。今回は、「誰でも真似できる初回接客の勝ちパターントーク」をテーマにお話させていただきます。
1月17日(月)、経営コンサルティングのパイオニア株式会社タナベ経営石川一平氏と、コグニティの住宅業界に特化したAI解析「COG−HOME」開発者堀尾による協同Webinar「フィールドセールスの成果を最大化するAI分析の方法とは」を開催します。
1月4日付けの『住宅新報』に、12月に開催した株式会社船井総合研究所さまとの協同ウェビナー「売れない営業マンがたった半年で1億円!」のレポートが掲載されました。
AIでのビジネスコミュニケーション分析を行うコグニティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役: 河野 理愛 以下コグニティ)は12月24日(金)、一般社団法人日本テレワーク協会主催の「第22回テレワーク推進賞」において「優秀賞」を受賞したことをお知らせします。
12月14日(火)、徳島県の事業でテレワークや柔軟な働き方に興味のある方を対象とした「とくしまテレワーク講座2021」に、コグニティがオンライン登壇しました。 「在宅ワーカーの業務管理ノウハウ」と題し、多数の在宅ワーカーをまとめながら業務を進めているコグニティの実績や、業務管理ノウハウを参加者の皆さんにレクチャーしました。
コグニティは「地方創生テレワーク推進運動Action宣言」に参加することをお知らせします。コグニティでは、居住地を問わず、育児や介護、持病などの事情があってもキャリアアップできる就業環境を整えています。2018年には徳島県にサテライトオフィスを設置し、地域人材の採用活動も活発化させています。