image_event_1

10月27日(木)、厚生労働省「自営型テレワークに係る就業環境の整備事業」として開催された、発注者・注文者等企業向けの自営型テレワーク活用セミナーに、代表の河野がゲスト出演いたしました。

自営型テレワークとは、一般的に「発注者から委託を受け、パソコンやインターネット等を活用し、自宅又は自宅に準じた自ら選択した場所で行う仕事」です。

コグニティはテレワーカーが安心して仕事を進めるための契約締結や、テレワークだからこそ課題となりやすい情報共有・コミュニケーション施策などについて説明し、これから自営型テレワーカーとのお付き合いを始める企業へ有益な情報を提供しました。

創業時より完全在宅勤務制を敷いているコグニティでは、さまざまなバックグラウンドを持つメンバーが安心して働ける就業環境を整えるために、常に整備の見直しを図っています。
COGWebinar(オンラインセミナー)でも詳細をお届けしていますので、ぜひご覧ください。

第55回COGWebinar「AIを使った公正な評価でSDGsを実現する職場づくり」(再配信)
https://cognitee.com/news/webinar/9599

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■関連記事はこちら
代表・河野が厚生労働省主催テレワークセミナーに登壇しました