営業パフォーマンスを上げたい、
あなたの組織の課題は?

成績の差が大きい・
新人が育たない・・・

新人教育に留まらず、ルート営業はできても新規開拓が難しいという企業で、教育方針の組み立てと改善状況の把握のためにご利用いただいています。

営業DXで効率化したい

大量の時間を割いて教育に時間を使ってきた企業様が、COG-SALESを導入することで、教育時間の短縮に成功しています。

CRMを導入したが
成約率が変わらない

CRMやSFA・MAなどさまざまな営業システムを入れたものの、成績が変化しない・・・最後の商談・交渉で失敗しているという企業様に導入いただき、導入前比較で成績の20%Upという実績が出ています。

属人化を防ぎたい

OJTによる教育・勘と経験の伝授で、疲弊してしまう若手も多いのが現実。特に地方展開・支店間の指導ブレを見抜くことで、営業スキル・内容の標準化が可能です。

そもそも営業スキルの
課題が不明確

長年従事者の観点で教育しており、そもそも社内のスキルレベル・改善すべき点がが不明確・・・という企業様も、一般的な営業トークとの差や、同業他社比較などが可能です。

自社サービスに
取り入れたい

コンサルやソリューション企業の皆様に、COG-SALESの技術を組み合わせて使っていただくことで、既存のソリューションに「確実な営業成果」をもたらすことが可能です。

実績に裏付けられた、
25の分析項目

業種・シーン・営業レベルに合わせた
営業スキルがわかる

 過去250社の成績上位15%の営業員が、共通して持っていたスキル、及び各社が「指導で使いたい」と答えたスキルについて、イントロからクロージングまで、1トークにつき30ページにわたる分析レポートが出力されます。
 声のトーンや表情などの「印象」をトレーニングするのではなく、話題構成やヒアリング力など、努力で改善できる「内容」をトレーニングするためのツールです。

勝ちパターンを見極める

最少6トークで”決め手”を判別できる

 営業トークの勝ちパターンは、業界・ターゲット・状況によって違いが出ます。
 各社・該当商材にとっての「勝ちパターン」を見極めるための機能がCOG-SALESには付属されています。

 自社として「優秀者の基準がない」「新商品のため好成績者がいない」という場合は、COG-SALESで蓄積した過去200社以上の「優秀者パターン」と比較することも可能です。ご相談ください。

効果的な使い方

導入ワークショップ

 ご利用スタート月には、勝ちパターン分析をもとにどのような指導方針にしていくかの打ち合わせを実施し、各社の状況に合わせてカスタマイズされた内容でオンラインワークショップを実施。

 営業員本人が分析結果を読み取って改善をかけるだけでなく、上司から1on1の時間にレポートを使ってフィードバックを実施している例が増えています。
 その手法・ポイントについても、オンラインワークショップにて、身につけていただきます。

人数・運用に合わせた実施が可能

 過去の利用データから、半年以上の毎月継続的な分析実施によって、効率的な成績アップに結びついていることがわかっています。しかし、運用人数によって全員を毎月実施するのは対応できない企業もたくさんございます。
 全社員を3〜4分割して実施したり、初回のスコアが悪かった方だけ翌月も利用する・・・など、柔軟な利用方法が可能です。

世界で唯一の”構成”分析

誰でも改善できる「内容」を
特許技術が分析

 国内外のコミュニケーション分析を実施するAI企業は、そのほとんどが「印象」に関する分析にとどまります。しかし、ヒアリングスキルやクロージングスキルなどに影響を与えているのは、その質問の質や内容構成です。
 コグニティの特許技術CogStructureを使うと、トークの質の判断に特化した検出が可能です。
(左ビデオにて、競合比較を提示しています)

世界1企業・国内上場企業との
取引にも対応したセキュリティ面

 営業トークのお預かり、ということでセキュリティ面が不安な企業様も多い中、弊社では全従業員に対してISO/ISMS基準のセキュリティマネジメントを実施しております。
 システム上でも、データお預かり後に数分毎の自動分割がなされるなど、トークの全体像がわからない状態で処理が走る工夫を行なっています。

 世界的な大企業での導入に際し、本社のアタックペネトレーションテストも実施済みで、各社のセキュリティラインに合わせた対応も可能です。

上場企業から
数人のチームまで

2023年春よりプランを一新

 これまで営業員1,000人を超えるような大企業に導入してきたCOG-SALESですが、プランの刷新以降、5名から導入するの企業・部署も増加しました。
 導入の場面も、店舗接客・電話・オンライン・書類など多岐にわたるシーンをカバーしており、トークの長短に関わらず安心してお使いいただけます。

 短期的な改善・中長期的な改善についても、過去のデータを使って、どこまで達成可能か、各社に合わせた成長プランをお作りします。

53社

– 金融関連企業

(メガバンク・地銀・損保・生保・信託)

28社

– ヘルスケア関連企業
(製薬企業・医療デバイスメーカー)

27社

– IT関連企業
(SIer・ソリューション企業・SaaS企業など多数)

27社

– 不動産関連企業
(建売住宅メーカー・分譲マンション仲介・中古仲介)

ご利用プラン

 Lite PLAN
  • 6ヶ月契約
  • 1,000分のトークまで利用可能
  • 導入ワークショップ1回
  • 勝ちパターン分析1回
10万円
/ 月
 Mini PLAN
  • 12ヶ月契約
  • 1,100分のトークまで利用可能
  • 勝ちパターン分析1回
5万円
/ 月
利用数No.1
 Solution PLAN
  • 12ヶ月契約
  • 4,200分のトークまで利用可能
  • 導入ワークショップ1回
  • 勝ちパターン分析1回
15万円
/ 月
professional〜Complete PLAN
  • 12ヶ月契約
  • 12,000〜120,000分のトークまで利用可能
  • 導入ワークショップ1〜4回
  • 勝ちパターン分析1〜4回
40-300万円
/ 月

大企業様向けPoC/トライアルプランもご用意しております

お試し分析 ができます

Z世代のコミュニケーション特性 2024

↓お問い合わせはこちらから↓


40,000人以上の分析データを公開

COG-SALESの分析項目を使って、これまで分析したデータを公開中

上場企業7社・計435人を対象として各社内外での世代間コミュニケーションの差をAIによって検定した結果として「Z世代のコミュニケーション特性 2024」を発表しました。本調査では、ビジネス上のコミュニケーションとして”Z世代のトーク”が他世代と比較してどのような傾向があるのか、またZ世代に対する”上司”のコミュニケーションが他の世代に対するものとどう異なるのかを比較しています。
「営業力の停滞や教育効率化は、勘と経験で解決できない!」  SPIN話法・応酬話法・PSS面談スキルなど、商談・営業トークの手法は数多くあり、それを学び実践している営業員・組織は多いでしょう。 このウェビナーでは先着順に、通常2万円相当のAI営業トーク分析を無料で提供し、その分析データ・改善手法について解説します。 営業DX化・SALES TECHの現場活用を検討している営業教育・強化担当者の方におすすめの体験型セミナーです。
 DX化推進の重要性が謳われるようになって数年経ち、ChatGPTなどの技術によってますます業務の自動化が進むことが予想される中、具体的な「成果」を求められる時期が来ている企業は少なくありません。  本ウェビナーでは 2024年度に向けた事業計画を考えている営業・人事担当者に向けて、年度内に実施しておくべき「現状把握」「方針施策」のヒントを共有いたします。
「営業力の停滞や教育効率化は、勘と経験で解決できない!」 SPIN話法・応酬話法・PSS面談スキルなど、商談・営業トークの手法は数多くあり、それを学び実践している営業員・組織は多いでしょう。しかしそのスキルがどのくらい発揮できているのかを測る方法は多くありません。先着順に、通常2万円相当のAI営業トーク分析を無料で提供し、その分析データ・改善手法について解説 営業DX化・SALES TECHの現場活用を検討している営業教育・強化担当者の方におすすめの体験型セミナーです。
組織活性化にソリューションを導入し、さらに活用を考えているご担当者様必見! 既存ソリューションを効率的な人材育成に活かす、AIトーク分析機能との連携による強化事例をご紹介します。 システム導入で終わらせない、より成果を得るためにご参考いただけるデータを共有いたします。
営業力強化と効率化のために、営業活動の中でDX化を推進している企業が増えています。しかし、その導入にはコストや時間がかかるものも多数・・・。 今回のウェビナーでは、実際に営業DXとしてのAIを取り入れた企業の実例として、以下の内容を共有いたします。 ●トライアル・PoCの方法とコスト ●年間を通した導入での成果推移(データ共有・業界傾向など) ●導入のステップとコスト感 「年度末に向けて、PoCを実施しておきたい」「来年度の向けて、教育計画を立てたい」というかたにはおすすめです。
AIでのコミュニケーション分析を行うコグニティが、これまで分析してきた「ロールプレイング」と「商談」の結果から浮き彫りとなった「トークの特徴」「差」について、営業教育に活かせる効果的なデータを公開します。
8月に入りお盆休暇を長くとられた会社様も多いのではないでしょうか? 長期休みは、仕事に復帰するモチベーションが下がってしまう人が多くなる可能性がある期間です。AIデータ分析の観点からわかった 「チームを率いる上司が、休暇前後に部下にすべきこと」について詳しくお伝えしていきます。

COG-SALESに関する
ニュース記事