SDGsへの取り組みは、多くの企業さまが模索しているところかと思います。そこで、「職場環境」におけるSDGsに焦点を当て、AIによる客観的なデータ分析を活用することで「公平な評価と指導」や「社員の働く意欲の醸成」をどのように実現できるのか、三部構成で解説いたします。
本ウェビナーでは、セールス・イネーブルメントの取り組みとして「営業トークの指導」に力を入れようとお考えの方へ、セールス・イネーブルメントにおける営業指導の現状から、弊社のAIトーク分析技術を活用したデータドリブンな営業指導の実施方法、AIトーク分析から判明した「ハイパフォーマー」と「ローパフォーマー」のトーク傾向などを共有いたします。
若手社員の離職理由のひとつに、「納得感の低い指導や属人的な指導」が多いと聞きます。そこで今回、AIトーク分析を活用した「客観的な評価」による指導方法を、組織の規模別でお伝えします。OJTや営業指導ご担当者様におすすめです。
Salesforceから2人のゲストを迎え、「COG-SALES」によるトークの質を見える化・データ化できる技術による可能性についての説明とパネルディスカッションを実施します。
製薬向けAIトーク分析サービス「CO […]